みんなの卓球部twitter

【卓球試打レビュー】REDMONKEY Spin ~ポストテナジーの旅~

目次

【卓球試打レビュー】REDMONKEY Spin ~ポストテナジーの旅~

あらゆる世代に人気の「テナジー05」と試打対象である他のラバーをみんなの卓球部員で打ち比べて感想を聞くという企画です。

企画名は題して「ポストテナジーの旅」

今回試打したのはRallysの「REDMONKEY Spin」

試打は先入観をなくすためにブラインド試打形式(メーカー名等伏せた状態)を採用しております。

■試打時の使用用具(総計約184g)※サイドテープ等含む

商品名等がわからない状態で打つブラインド試打

■ラケット:SWAT(7枚合板)86g

■ラバー:テナジー05 トクアツ(カット後約45g、硬度約46°)

■ラバー:レッドモンキースピン MAX(カット後46.26g、硬度約46°)

100.53g
68.94g
切れ端22.68g

打感はテナジーより若干硬め

テナジーの方が軟らかく感じる分軽打時には弾んで回転が掛かりましたが、強打時には若干硬い分強いインパクトにも耐えられている感じがありました。

下記のような声がありました。

硬い分若干テナジーよりも球離れが早くてチキータ時に良い感じにボールが飛び出してくれる

フリック・スマッシュ等が勝手に食い込まない分やりやすい

飛距離を出すためにはテナジーよりもパワーが必要

マニュアル感あり

振った分だけ飛んでくれるラバーです。テナジーの勝手に飛んでくれる感じやアバウトに振っても入ってくれる感じが好きな方は好みではないかもしれませんが、ストップやカウンター時には球をイメージ通りに飛ばせるためコントロール性能の良さを感じます。自分でボールをコントロールして振りたいという方にはおすすめです。

回転量は同じくらい

軽打時にはテナジーの方が回転量のあるボールが出せるが、食い込ませて打つようなドライブ・ループドライブであればテナジーと遜色ありませんでした。

定価は3,980円(税込み)

よくある商品の物流はメーカー⇒卸⇒小売店⇒消費者で卓球メーカーも基本的には同じです。RallysはEC限定販売にする事によって途中の卸や小売店を通さずに通常より安く販売できるため低価格・高性能なラバーを実現できています。

試打動画

さいごに

レッドモンキースピンの特徴は何といってもコストパフォーマンスの良さ。

ラバーの価格が当たり前に上がっていく中で低価格で高品質なラバーが出てきたのは消費者に取って朗報だと思います。みんなの卓球部員調べではポストテナジーの旅史上初のテナジー越えとの評判で、硬度も硬すぎないためレディース、基礎が出来上がってきたジュニア、中上級者あらゆる層におすすめできるラバーです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる